日中ニュース>詳細ページ

止まらぬ中国株安 世界市場を動揺するか?
発信時間: 2015-08-25 10:21 | 引用元: http://bbs.c2j.jp/ | 訪問回数: 2035

 今年の六七月から、中国の株価下落が続き、政府と民間合わせて4兆元の金額が水の泡となったと言われる。昨日上海総合指数は、約8年ぶりの速度で下落して、不信が広がっている。


 中国の経済に対する懸念から、昨日、全世界の株価が下落し、東京市場も一日900円近く爆落した。世界経済はある程度中国の経済成長に支えられていたため、中国経済の悪化は世界に悪い影響を与えると指摘する声が相次ぐ。一方、世界経済の主役は米国で、最近、米国では個人消費の増加に伴い、経済が改善している。日本経済は中国より、米国に依存している。米国向けの販売が好調であれば、日本の輸出が好調で、株価も上昇すべきだと考えている方も多い。


 そのため、中国の景気失速が世界市場を動揺するか、どれほど影響するかを、判断するのにまだ時間がかかる。これについて冷静に分析するのが大事だという。