日中ニュース>詳細ページ

日中経済パートナーシップ協議(局次長級会合) 27日に北京で
発信時間: 2015-07-28 17:55 | 引用元: http://bbs.c2j.jp/ | 訪問回数: 2249

日本と中国の間で貿易や投資などのあり方を関係省庁が一堂に会して話し合う「日中経済パートナーシップ協議」(局次長級)が27日、北京で開かれた。開催は約4年ぶり。

 

日中関係悪化で中断していたが、昨秋の両国首脳会談以降の関係改善の中で、4年4カ月ぶりに、経済閣僚が集まる「日中ハイレベル経済対話」の復活に向け、一定の弾みとなりそうだ。前回は平成23年3月に東京で開催。

協議では、日中経済協力などをめぐり意見交換。日本側が早期再開を望むハイレベル経済対話についても、やりとりがあったが、開催時期などの詳細は決まらなかった。

中国側は安倍晋三首相が8月に発表する戦後70年談話に注目しており、「これを越さないとハイレベル対話にゴーサインを出せる状況にはならない」(外交筋)とみられており、この日の協議でも、慎重な姿勢を崩さなかったもようだ。


日中両国は昨年11月の首脳会談直前に開かれた外相会談で、日中ハイレベル経済対話を含む政府間対話を早期に再開する方向で一致した。