まだC2J.jpに登録されていない方
安心便利簡単!
無料会員登録
会員登録すると・・・
① 直接中国サプライヤーに問合せができる!
※工場所有サプライヤー多数
② C2J.jpの充実したサービスがご利用できる!
③ 最新の商品仕入れ情報やメーカーリストが手に入る!
会員IDをお持ちの方はこちらから
会員IDが必須です。
パスワードが必須です。

ユーザID、またはパスワードに誤りがあり、

ログインできませんでした。

ログインしたままにする

日中ニュース>詳細ページ

中国を出入国する航空券の予約が前年比6倍増
発信時間: 2023-01-09 16:19 | 引用元: http://j.people.com.cn/ | 訪問回数: 443

1月8日午前0時より、中国では新型コロナウイルス感染症の「乙類乙管」政策が正式に実施されたのに伴って、入国者に対するPCR検査と集中隔離の取り消しや、大陸部と香港・澳門(マカオ)との人的往来の最適化といった政策も実行された。上海や広州などの空港には、防疫措置が調整された後で初めての海外からの航空便が到着した。オンライン旅行会社の同程旅行がまとめたデータによると、1月8日に中国を出入国する海外航空券の予約件数は前年同期比で628%増加して、2020年3月以来の最多を更新した。内訳を見ると、中国への航空券が48%、中国からの航空券が52%を占めた。同日に同程で海外航空券を予約した中国人旅客の行き先は、世界53ヶ国の100都市以上に広がったという。

中国の入国時の措置の変更に春節(旧正月、2023年は1月22日)の帰省ニーズが加わって、同程では1月8日から春節前日までの、海外から中国への航空券予約が大幅に増加したという。同程の観光ビッグデータによれば、8日の中国への国際便で人気が高かった到着地は、上海、南京、広州、成都、南寧だった。中でもソウルから南京への便、プノンペンから南寧への便、バンコクから貴陽への便など、直航便の一部の人気路線は、8日から1週間の航空券がすべて売り切れたという。

また8日には香港地区と大陸部との間で第一段階の通関が実現し、香港地区は同日の大陸部への海外航空券の出発地でトップに立った。同日の香港発・大陸部着の航空券の予約量は前日比62%増加し、主な到着地は上海、広州、成都、武漢、南京だった。8日午前0時より、中国民用航空局は、北京を目的地とする国際旅客便については指定された一番目の入境地点から入境するとしていた措置を撤廃した。この措置により、北京も今後、海外から中国に入る旅客の重要な目的地の1つになることが予想される。